岡崎ライオンズクラブ公式サイト

▶ 会員専用ページ▶ サイトマップ▶ お問い合わせ

トップページ > 会長挨拶

会長挨拶

岡崎ライオンズクラブ会長画像

第58代岡崎ライオンズクラブ会長

私は平成12年5月入会以来このクラブにおいて楽しい思い出こそ皆様より頂戴しましたが、嫌な思い出の記憶は全くありません。今迄私を育て導いて頂きました事に対し、先ずもって心より感謝申し上げます。
この度、歴史と伝統に輝く岡崎ライオンズクラブ第63代会長を拝命し、身に余る光栄であり身の引き締まる思いでございます。岡崎ライオンズクラブ結成の年は、私が中学生、当時過去に経験した事のないほどの超大型台風(伊勢湾台風)襲来で甚大な被害を受け、翌日からは学校へ行けば毎日瓦拾い、授業は青空教室、家に帰れば雨漏りと停電が続き、不自由な毎日を過ごした事を今でも覚えています。そして、ここ数年、国難であるコロナウィルス感染症がまさに人類を試しているかのように私達の前に立ちはだかり私達の行く手を阻もうとしております。このような折に会長という重責を担い皆様の先頭に立って、クラブを以前のような形にしていかなければなりません。これが私の人生の巡り合せなのかもしれません。「この世の禍福は糾える縄の如し」と申します。長い間の今迄の閉塞感はこれからの明るい希望ある未来に繫がってゆく事を信じております。
私は過去に執着せず、未来に惑わされず、今に反応し今を生きる、そして、決して後悔しない姿勢で一年間皆様と一緒に頑張って行きたいと思っております。皆様と過ごす大切な時間を楽しく意義のあるものにする為に、私は全力を尽くす所存でございます。皆様には今後ともご支援ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
この一年、皆様と今までにない素晴らしい時を過ごす事が出来ます事を心より祈念致しております。

会長方針

 スローガン

全ての奉仕に感謝をもって

 テーマ

【運営委員会】善意と利他の精神で士気の高揚を目指す
【事業委員会】一方の手は社会奉仕,もう一方の手は自己啓発で真のウイサーブを

 例会

メリハリのあるより魅力的な例会を全員でトライしよう

 理事会

充分なコミュニケーションの上、コンセンサスを得て理事全員で運営委員会、事業委員会を支える

 委員会

新たな挑戦を目指し充分な話し合い、決定、団結、そして行動を